マイクロプラスチック 海塩と岩塩 

2355日目 海塩と岩塩

地球環境の汚染問題は、海にも及んでいます。人間が作り出したプラスチックは、軽くて扱いやすくて耐久性があり、とても便利です。しかし、分解されるには、数100年を要します。海に流れついたスーパー袋は、海亀や魚がクラゲと間違えて食べてしまい 消化出来ずに、苦しんで死んでしまう可哀想なことになっています。また、マイクロプラスチックもなり、小さな魚が食べて、人間の口にも入ってきます。海塩にも マイクロプラスチックが混入してしまうという問題があります。

私の扱うアンデスのボリビア岩塩は、地球環境汚染とはかけ離せた美しい自然の中で悠久と時を経て出来た塩ですかは、マイクロプラスチックの問題は、皆無と言えます。

毎日、食べ続ける塩は、地球環境の汚染の問題のないエネルギーの高い岩塩を摂ってください❣️といえるようになりました。

熱処理されていないピンク岩塩のピンクは鉄分ですので、タンパク質とくっついて吸収されやすいヘム鉄となり、体内に吸収されやすい鉄ともなります。

タマゴに岩塩ふりふり〜、緑黄色野菜をたっぷり、元気いっぱいの笑顔と笑声の笑くぼSUNでお過ごし下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://biomat-salon.com/2369-2/trackback/

PAGE TOP