植物科学

2303日目 植物科学とは

病気は、病原菌が原因と捉えているのが現代医療で痛み・痒み・発熱を消すために薬を処方しての対処療法ですが、、、

最善の健康を追求してきたところによると 酸化還元が体調不良と老化に大きく関わっているようです。

空気を吸って、太陽光を浴びて生きるかぎり、酸化は、ジワジワとやってきます。

そこで、植物が自然界で生きるために暑さ・寒さ・害虫などから植物自身が身を守る手段としての植物色素・香・味などを人間が取り入れることで、抗酸化 還元にも働き、元気になるし、若返りにも働きます。

目の黄斑部には、黄色の水が貯まったいて、紫外線や青色光からも守ってくれます。初乳の黄色みかかったのも黄色色素のルテインなんですよ

そんな研究を続けてくれたのがケミン社の植物科学です。

スマホ時代、植物科学の抗酸化・抗炎症作用を活用して、視界明るく 未来明るく健やかにお過ごしくださいね(╹◡╹)♡

体の基礎は、タマゴに岩塩ふりふり〜、植物科学を加えて、笑顔と笑声の笑くぼSUNで周りも元気に照らしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://biomat-salon.com/2338-2/trackback/

PAGE TOP