発熱を喜ぶ

ほりすてぃっく母さんからのひと言

最近、新しい名前の病気が次々と出来ているのは、発熱を薬で下げてしまっているからかしら??と思っていましたら、

やはり、そうでした。
熱は 体内の毒素を溶かして出しきるためのモノで、膿や発疹もやはり、必要だから、出ているそうです。

41度の熱が1週間続いても
死にはしない。

熱を下げるから菌が強くなり、脳性マヒになってしまう⤵︎⤵︎⤵︎
菌が体の中で潜伏して、厄介な新しい病気となってしまっていることを 昨年末に届いた本に書いていましたよ!

発熱 発疹 するのは、生命力があるからです。

発熱して 自然抗体が体の中に出来て 丈夫な体になっていくのです。

だから、赤ちゃんは、発熱するものと思っていたほうがいいですよ!

発熱のたびに 解熱剤使っていたら、発熱しない弱い体になりますよ!

発熱したら、岩塩水飲んで、宝石温熱マットで 熱を出しきることですよ!

西洋医学では、発熱、かゆみ、発疹は、全て 悪いモノととらえて 押さえてしまいますから、治りきることがないんです。

健康管理の考え方を みんなで考えなおす時代です。

難しいことを
分かりやすく書いてみましたがわかるかな??

みんな母さんよりは、元気に 長生きしてね(╹◡╹)♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://biomat-salon.com/%e7%99%ba%e7%86%b1%e3%82%92%e5%96%9c%e3%81%b6/trackback/

PAGE TOP