オレアビータ

1917日目 オレアビータの発見

2006年、フランスのルイパスツーム大学研究所が、細胞膜を刺激するとミトコンドリアが増殖・活性化することを明らかにしました。

このメカニズムに働く成分を見つけ出すのに、400種以上の植物を調べた結果、ある地域のオリーブの葉の成分が有効であることを見つけた成分がオレアビータです。

年を重ね、ミトコンドリアが減少することで、細胞のハリがなくなり、瞼・お腹・お尻などがゆるみ、垂れることが眼瞼下垂や中年太りとなります。

オレアビータの発見は、まさに、ミトコンドリアが元氣快福して、最善の健康と美容と若返りになります。

最先端の自然療法情報所に 相応しい情報を お届け出来るようになったことを嬉しく思います。

奇跡の成分といえるオレアビータがミトコンドリアを増殖・活性化出来ることでの体への働きのエビデンスも出来ています。

ミトコンドリアが元気になると必ず、発生する活性酸素を水素で消せることを理解した上で 水素水にオレアビータを加えた画期的な製品の誕生です

タマゴに岩塩ふりふり〜♪♪、緑黄色もたっぷり召し上がって、輝く肌の笑顔と笑声でお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://biomat-salon.com/oreaveata/trackback/

PAGE TOP