発達障害児と予防接種

1956日目 発達障害児と予防接種 ワクチン

温熱療法とアロマ療法、ホメオパシー療法を施した時に、体は、まず、体の中のケミカル(化学物質)を吐き出すことから始めます。いわゆるデドックス(解毒)体内クレンジングから始めるのを見てきました。

特に、ステロイドを使ってきた人々の吐き出すのは、ひじょうに辛いのを見てきました。

ホメオパシー療法で、予防接種・ワクチン接種した子供達の水銀やアルミなどなどの毒を吐き出してから、発達障害児という汚名からIQも高まり健常児になったり、アトピーが改善しているのを映像で見てきました。

いわゆる 体は、ケミカルなモノを吐き出すことから治癒力を発揮するんです‼️

だから、ワクチン接種して 体をウィルスから守れるという考え方は、全くナンセンスなんですよ!

以下のURL の動画を観てください。
ケミカルなモノを吐き出す過程は、ひじょうに辛いですよ!

これは、大人たちも子供も同じです。現に、薬をたくさん飲んでいるご老人がフラフラしていると思いませんか?

ケミカルな薬より、植物科学のサプリメントが本来の元氣快福に導きますが、やはり、良質の信頼できるメーカーのサプリメントを使ってくださいね!

https://www.homoeopathy.ac/taikendan/voice1005.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://biomat-salon.com/hatatsu_shougai/trackback/

PAGE TOP