発熱と抗体 賢い子供

1929日目 発熱と抗体 賢い子供の子育て

発熱することは、菌やウィルス、ガン細胞を解毒する働きがあります。

そして、2度とその病気にならないように 抗体を作ります。

赤ちゃんの場合、ママからもらった免疫力がなくなる頃、いろんな病気になり、発熱して抗体を作って 病気にならない丈夫な体を作るための発熱であると認識してください。

発熱を下げると 菌やウィルスが勝ってしまい、脳関門に侵入して、障害児を作ってしまうんです。

発達障害児は、菌やウィルスが作ると思う人が多いですが、自分の発熱で自分の体の変にさせることはありません。

万が一、42度に到達することがあれば、そこから急降下しますから、水分補給だけは しっかりとさせてあげてください。その水分が水素だと悪玉活性酸素を水に変えてくれるので、体は楽になりますね(╹◡╹)♡

水素水には、脳を保護する働きがありますから、家庭において、発熱時の救世主となることも新しい時代の生き方であることを知識としてください。

そして、赤ちゃんの発熱時に、じっと見護る親心を養うことも大切です‼️

発熱と闘い抗体を作り、一生涯病気にならない上手な体づくりを見守る親心が 一生涯病気にならない丈夫な体を作るために 赤ちゃん病があると知ってください。

普段からタマゴに岩塩ふりふり〜、そして、緑黄色野菜や水素水を活用して、病気にならない体づくりが大切なことをご理解ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://biomat-salon.com/hastunetu-koutai_kosodate/trackback/

PAGE TOP