黒砂糖の必要性

2043日目 黒砂糖

黒砂糖は、サトウキビの絞り汁を煮詰めて出てきた糖を固めて作られた弱アルカリ性の食品で、ビタミンB1、B2、鉄、亜鉛、カルシウム、カリウムなどが豊富に含まれています。
特にビタミンB1・B2は、体を動かすエネルギー源で、熱を効果的に生み出す働きがあります。

また、黒砂糖の黒い部分に含まれるフェニルグルコシドという成分・・

🔴 フェニルグルコシドは腸からの糖分の吸収を抑制する働きがあり、血糖値の急上昇を抑えてくれます。

🔴 黒砂糖にはインスリンの成分となる亜鉛が多く含まれ、体を強力に温める効果もあるんです。
🔴 亜鉛はに髪の毛の発育保持必要なミネラルで、また不足すると味覚障害にもなります。

東京農業大学の栄養学の教授が「黒砂糖は血糖を下げる」との研究結果を発表されていますが、
黒砂糖が体温を上げて血糖の燃焼を促す事を考えれば納得ですね。

ミネラルたっぷりであることは下記の比較表からもわかります(^^)

テーブルに黒砂糖を置く週間は、疲れた体を癒すのに働きますね(╹◡╹)♡

岩塩ふりふり〜 黒砂糖なめなめ〜♪♪♪

笑顔と笑声の笑くぼSUNでお過ごし下さいね(╹◡╹)♡

笑顔と笑声の笑くぼSUNでお過ごし下さいね(╹◡╹)♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://biomat-salon.com/%e9%bb%92%e7%a0%82%e7%b3%96%e3%81%ae%e5%bf%85%e8%a6%81%e6%80%a7/trackback/

PAGE TOP