眼医者で目は 

3年前、このマンションに引っ越して来た時、野崎観音さんに朝の散歩に出掛け、下の公園でストレッチすることを日課にしてました。

下の公園で、ストレッチしていたら、「ケンスイ出来るか?」と話し掛けてくれるおじさんがいました。

「ケンスイ出来ないですね、、、ケンスイ出来るようになりたいですわ」と返すと「ワシ、目が見えないねん!」というおじいさんが言います。

〜私に目が見えないと言うの!〜と心の中で叫びました。

大きく深呼吸して、

「私、目が良くなるとは、言えませんが、視界が明るくなる!」というモノを扱っています」とウエストポーチから クタクタになった名刺を差し出して、「ほら、あのマンションの7階の端っこが私の部屋です。」私の部屋を指差しました。

 

そして、1時間後、電話が鳴り、公園で出会ったおじいさんが来ることになりました。

「ワシ、K病院の眼科の治験を受けてるから、医者に見せるモンあるか?」と聞きます。

NP社が出している『20年目の、結論』の冊子を差し出して、これを見てもらってください。」と渡しました。

 

そこから、10日ほどして、おじいさんは、「医者に栄養やね!目には効かんわ!と言われた」と言って、貸した冊子を戻しに来られました。

 

「えぇぇぇ !目に効かないと言われましたか!アメリカ国立ガン研究所と日本の共同開発製品で、目が明るくなる」と評判で、世界120ヵ国以上にご愛用が広がっているんですよ!」と叫んでしまいました。

そのおじいさん、84歳、目に注射する治験を受けてるおじいさんでした。

 

そこから、3年して消費者庁が「5つの機能性食品』を認めてくれました。

スマホで傷めてしまった目は、眼医者さんに行っても治らないことが明確になっている私ですが、、、

多くの人々が信頼して通う大阪のK病院の眼科で治らないことを明かしてくれた3年前を思い出しました。

先日、観音サロンに 来た倫友は、Sルテインと水素水を飲んでもらいました。

帰られたら、「目が明るく感じます」とラインをくれました!

飲用して、半時間ほどすると、視界が明るくなることが、血液脳関門を通過することを証してくれていますね!

 

スマホやパソコンのブルーライトで傷めた目を 修復するのは、レーザー治療や目薬では、難しいです。

 

ネットワークビジネスで、嫌がられるけれども 時代の変化と共に、流通は変化していることから、ストック収入は、いくつも持って当たり前の時代にせねば、国の年金だけでは、生きるのは厳しいことに気づいてもらいたいです。

 

健康の自己管理が必要です。予防することが、お金を運んできてくれる社会問題を解決するための働く仕組みです。新しいソーシャルビジネスであることを しっかりと伝えねばなりませんね!

木瀬さんの言葉、

『理解すれば、喜ばれる!』

     新しい時代の考え方が 必要ですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://biomat-salon.com/%e7%9c%bc%e5%8c%bb%e8%80%85%e3%81%a7%e7%9b%ae%e3%81%af%e3%80%80/trackback/

PAGE TOP