三石巌理論

1886日目 三石巌先生〜白内障〜

私の健康学の始祖が三石巌先生の「医学常識はウソだらけ」という分子栄養学の本です。この本と出会い19年になります。
今から40年もっと前の話です。三石巌先生は、「糖尿病からの白内障で目が見えなくなる」と医者に言われて、自分で治そうと高タンパク質・高ビタミン・ミネラルを摂ることで、95歳まで身体は 栄養素を多量摂取することで どんどん良くなることを たくさんの本に残されました。

三石巌先生は、95歳までスキーを楽しみ、風邪をひいてお亡くなりになり、そこからピンピンコロリ PPKという言葉が出来たようです。
4.50年前、三石先生が 白内障を自分で治したところからスタートしたのが、分子栄養学の始まりです。
栄養素を多量摂取することで、身体はどんどん元氣快福していくことを証してくれたのが 物理学者の三石巌先生です。

三石巌先生の生前のセミナー動画もありますから 拝聴して下さい。さすが、90歳近い高年齢ですから、聞き取り難いですが、何度も聞くとなるほどと思えます

三石理論を読み込み、お友達と実験して、確信得て、笑くぼSUNメッセージを発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

https://biomat-salon.com/%e4%b8%89%e7%9f%b3%e5%b7%8c%e7%90%86%e8%ab%96%e3%80%9c%e7%99%bd%e5%86%85%e9%9a%9c%e3%83%bc/trackback/

PAGE TOP